平成12年6月1日改正の建築基準法施行により、防火材料の認定制度が「通則認定制度」が廃止となり、「個別認定制度」となりました。
これは、規制緩和、国際調和化、性能規定化を柱とした「建築基準法の一部を改正する法律」(平成10年法律第100号)に基づくもので、従来の試験方法や評価制度が広く見直されています。
また、壁紙における防火性能評価は、これまで壁装材料協会が自主的に運用管理してきた「検定級別」が廃止され、下地基材を一体的に捉えた「不燃」「準不燃」「難燃」の認定評価となりました。
通則認定制度のもとで認定を取得し、製造販売されていた防火壁装材料は、改正建築基準法に適合したものとして、平成14年3月1日にあらたに個別認定を取得します。
[1]防火製品表示ラベルについて
国土交通省より防火認定を取得し防火仕上げに適用される壁紙には、外装面に「防火製品表示ラベル」が貼り付けしています。また、ラベルには認定番号や認定条件の概要が表示されています。
■防火製品表示ラベルの種類
紙製壁紙 繊維製壁紙 塩化ビニル
樹脂製壁紙
プラスチック製
壁紙
無機質製壁紙 その他
■材料の区分および種類
新個別認定における防火壁装材料は「紙製壁紙」「繊維製壁紙」「プラスチック製壁紙」「無機質製壁紙」「その他」の5タイプに材料区分されます。またそれぞれの材料区分には、製法や素材構成、化粧層の違いにより複数の「種類」があります。
紙製壁紙 繊維製壁紙 塩化ビニル
樹脂製壁紙
プラスチック製壁紙 無機質製壁紙 その他
 和紙
 加工紙
 コルク
 金属箔
 ツキ板
 紙布
 その他
 織物
 植毛
 不織布
 化学繊維
 その他
 塩化ビニル
 
 その他プラスチック  水酸化アルミ
 骨材
 ガラス繊維
 その他
 絹織物
 合成紙
 どんす張り
 塗装仕上げ
 その他
2]防火施工管理ラベルについて
認定条件に基いて、壁紙と下地基材を組合わせ、かつ日本壁装協会が制定した「防火壁装材料の標準施工法」により仕上げた場合、仕上げ箇所へは防火性能を表す「防火施工管理ラベル」を表示することができます。なお、防火施工管理ラベルは「壁装施工団体協議会へ登録を行っている施工者」が表示資格を有し、ラベルには「施工者登録番号」が表示されます。
■防火施工管理ラベルの種類
不 燃 準不燃 難 燃
■防火施工管理ラベルの様式
  
 

copylight 2008 (c) GS-takahashi. All Rights Reserved